PLAMED PLATFORM FOR MEDICINE

「世界希少・難治性疾患の日(RDD)2019」東京開催に協賛いたします

「世界希少・難治性疾患の日(RDD)2019」東京開催に協賛いたします

2019年02月21日

私たち、株式会社プラメドは、2019年2月28日(木)に開催される「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日、以下「RDD」)2019」 東京開催に今年も協賛いたします。

RDDの活動は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指し、2008年にスウェーデンで始まった活動です。
日本においても、2010年から、毎年2月の最終日にイベントが開催されています。
日本国内でのRDD開催10回目である2019年は「きょうも、あしたも、そのさきも ~the 10th anniversary of RDD Japan~」を公式テーマに掲げ、さまざまなイベントが全国で開催される予定となっています。

私たちは、このイベントを通じてより多くの皆様に、希少・難治性疾患への理解を深めていただくことで、難病で苦しんでいらっしゃる患者さんやその支援者の方が安心して暮らせる社会が実現することを願い、協賛いたします。

RDD 2019 in Japan 公式紹介動画

MENU